FC2ブログ
死神ノ部屋
それは…5chルエリ、死神の周りに起きた不可思議な物語… リンクふり~ですのでお気軽に。 コメント頂けると嬉しさの余り泣いちゃうかもね?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火・炎・焔
―――死を司る者よ、己が内に眠りし
      絶対的な焔の力に目覚めよ
        その力は未だ覚醒せずとも己が戦力となるであろう―――

                   ヴァチカン禁断書物庫 死神達の宴第3章 4項より抜粋




それはある日突発的に起きた事なんだ、俺が真なる死神に覚醒する前だった…

月夜焔龍「さてどーっすっかな、時間もあるし誰か拉致ってダンジョン攻めるか…」
いつもの事だ…そういつも俺はこうして過ごしてる。だがこの日は違った。

―ギルドチャットでの内容―
月夜焔龍「誰かカルー森に行かね?」
キルハイル「カルーっつてもお前何処攻める気だ?」
月夜焔龍「ん~光るPOT蜘蛛のパーツ攻めようかとね」
キルハイル「おk、こちらでも人呼ぶわ。」
月夜焔龍「頼むね」

こうしてカルー森に向かう事に。
案の定ダンジョンは楽勝なもんで、速攻でボス部屋に着いた。

月夜焔龍「ハッ、楽勝じゃねぇか。」
キルハイル「おまいそんな事言っていつもの如くボスでやられるんだろ。」
月夜焔龍「抜かせ、光るパーツボスなんざ高が知れてる」
キルハイル「なら俺は周りを蹴散らせッからお前ボスやれよ。」
月夜焔龍「上等だ速攻で全てを終わらせるぜ?」
キルハイル「おk、んじゃ開けてくれ。」
月夜焔龍「あいよ」
月夜焔龍「Are You Ready?」

会話シーン1―キルハイルと


変身してる状態でのボスは楽なもので死なずとも倒せた。
その時であった。

キルハイル「おつかれ。」
月夜焔龍「お疲れさん」
リネージュ「お2」
月夜焔龍「…?」
月夜焔龍「…………」
キルハイル「おい月夜どうした?」
月夜焔龍「…」
リネージュ「暗黒さんきっと小さいキルルンにケーブル噛まれて落ちたんだよ」
キルハイル「w」
月夜焔龍「…いや、すまない、なんでもねぇ」
キルハイル「?」
月夜焔龍「あっと…宝だっけ?」
リネージュ「暗黒さんの宝貰うよ(´,_ゝ`)」
月夜焔龍「いや、勘弁してくださいw」

そうこの時確かに呼ばれた。――誰かにフィアードへ来いと――

キルハイル「さて、この後どうします?」
リネージュ「金目のもん他にあったか?」
月夜焔龍「すいません、俺はここいらでちょい抜けます。」
キルハイル「ほいよ」
リネージュ「お2」
月夜焔龍「それでは、お疲れ様でしたw」

月夜は急いだ、フィアードへと

過去フィアードでは第2次モトゥーラ戦争で光の騎士が題材となったが、
裏ではもっとも悲しき物語がある曰く付きの場所である。
そしてフィアへと到着した。

月夜焔龍「…なにも無い……?」
月夜焔龍「…!」
月夜焔龍「何も無いのではない!誰も!人の気配はおろか魔族の気配も無いだと!!」

そこで月夜の意識は反転した。

目覚めた時には何も無い場所は変わらないが目の前にソレは居た。

死神「ヨク来タナ、ゲツヤヨ」
月夜焔龍「あんたは…俺と契約した死神…」
死神「ソウダ」
月夜焔龍「ここは何処だ!フィアードでは無いな?」
死神「フィアードニ似セテハイルガ、フィアードデハナイ」
死神「我ガ創造ニヨリ作ラレタ異世界、異界、曰ク、地獄ダ」
月夜焔龍「あんた流石だな、流石に何でもアリでぃすかい。」
死神「本題ニ移ロウ」
死神「オ前ハ何カヲ欲シテルナ?」
月夜焔龍「ハッ、お見通しですか、そうだ、最大火力が欲しい」
死神「良カロウ、クレテヤル」
月夜焔龍「…その代わり俺の生命をよこせと?」
死神「契約ダ、貴様ノ命、少シ貰ウ」
死神「貴様ガ死ンダラ、貴様ハ死神トシテ動イテモラウ」
死神「人ハ死ニ顕界デ裁カレ、天国モシクハ地獄ヘ逝ク」
死神「貴様ハ違ウ、死ンダラ死神ニナッテ貰ウ」
月夜焔龍「御託はいらねぇ、何をくれるんだ?」
死神「…」
死神「…レヴダ」
月夜焔龍「…レヴ?」
死神「ルーンレヴノ継承ヲ…」
月夜焔龍「分かった」
死神「ダンジョン指定ヲスル」
死神「指定サレタダンジョンヘ行ケト命令サレタラオ前ハ令通ルニ動ケバ良イ…」
月夜焔龍「分かった、何処へ行けば良い?」
死神「マダ刻(とき)満チヌ、貴様ハソレマデ自由ダ」
月夜焔龍「そーかい、勝手にさせて貰う。」
死神「命令ガ入レバオ前ハ即座ニ動ケ、良イナ?」
月夜焔龍「分かった。」

会話シーン1-死神と


そうして、意識は又反転し、通常のフィアードへと戻った。

月夜焔龍「…?」


物語は始まったばかり、ここまでは死神ノ物語の序章に過ぎない。
                        ―――続く
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

恥さらしの見返りは日が沈む共に…(ニヨニヨ
って事で、最近ギルメンやらなんやらで絵が流行ってるのでここで恥じ晒してみようかと(ぁ
おいちゃんどんだけ絵心無いか知らしめてやる!(

俺の利点
字体だけ綺麗(意味ナス

のみ!!

俺の難点
人の絵だと(キャラの絵だと)表情が描けない!
人が潰れた様な絵になる!
体が描けない!
バランス崩れまくり!
動きが描けない!
etc...

難点の方が多くてヒドス…
ここまで書いてておいちゃんちょっくらへこんだよ…

以上を踏まえてこちらの2点とご覧ください

初号機暴走


えー…
新世紀エヴァンゲリオンですね、俺はこのアニメを小学生の時に見たのかな?その位古いアニメですね~。
小学?中学?どっちだkk

続いてこちら
俺の字体


俺が即興で描いた字
俺の名前、狼、キルの順に書いた奴です
親父譲りのこの字…これだけしか自慢デキナス…
テラサミシス…

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

近況報告Ver1
ん~
まぁマビるか(マテ

ういっス、月夜っス~
あ、ちょっとマテ!てめぇ今俺の名前“げつや”じゃなくて“つきよ”って読んだろ!俺の名前は“げつや えんりゅう”だ!死神の名前位覚えなさいよ、全く(ブツブツ

んまぁ冗談はここまでとして
取りあえず俺の計画をちょこーっとだけご紹介

第1段階
FBマスター目指すぜ。
第2段階
ん~作曲と音楽知識を鼻クソほじりながら上げていくかねー(ぁ
INTテラホシス
第3段階
もうね諦めて良い?FBLマスター
マスターどころじゃなくてFBLすら手に入れてませんが何か?
第4段階
マジックマスタリ上げるだけのAPモッタイナス…しかたねぇ上げるか…
第5段階
…え?
ちょっとマテ第5段階まであるなんて台本に載ってなかったぞ!?
どういう事だよ!打ち合わせと違うじゃないか!
第6段階
いやだからry

以上の様に分かると思いですが
そうです!
脳筋脱出、脱獄者ゲッソリ、マッポもゲッソリ大作戦を企ててます!

いつになる事やら~










次回予告&緊急告知!

脳筋脱出できた時には激しくブログ書き立ててやる!覚悟しな!

…(´ー)y-~~~~。・°(激しくと良いつついつもの様にグデグデのブログ書くんだろうなぁ…


んまぁお楽しみに!

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

ちょこーっと俺の考えでも…
ん?なに?俺の頭の中何考えてるか知りたいって?
見てみる?






以下月夜の頭の中

月夜「あははは^^うふふ^^」
女の子A「月さーん」
月夜「あはは~^^なんだい?」
女の子A「好き♪」
月夜「俺もだよ^^」
アハハ~アハハ~

ギルメンの声「おーーーーい月ーーー戻ってこぉぉぉぉい」
月夜「はっ」
いやまぁ…失礼、次は真面目に…




以下月夜の頭の中
月夜「あはは^^」
女の子B「私を捕まえてみてーーー^^」
月夜「まてぇーー^^」
女の子B「私を捕まえたら好きな事して良いわよー^^」
月夜「マジで?本気だしちゃうぞー^^」
月夜「煉獄よ!!!」
アハハ~アハハ~…
ギルメンの声「いやだから戻って来いよ!!」
ギルメンB「戻ってきてぇぇぇぇぇーーー」
月夜「はっ」
失礼、以降本当に真面目に書いてみる。恐らく長いと思うよ?
[ちょこーっと俺の考えでも…]の続きを読む

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。